専業主婦の場合の在籍確認

在籍確認とは、カードローンの申し込み時に記載した勤務先に、申し込み者本人が
現実に在籍しているかを確認することをいいます。
融資可能かどうかを判断する審査の際に行われます。
具体的な方法としては、記載の勤め先に金融機関の担当者が電話連絡し、本人がいるかどうかを確認します。
本人が電話に出なくても、同僚から席を外している旨の答えがあれば、本人の在籍自体は確認がとれるのでOKです。
カードローンでお金を借りるためには、基本的にこの在籍確認が必要になります。

専業主婦の在籍確認とは?

専業主婦は家の固定電話の番号を連絡先に指定していれば自宅にかかってきますし、自分のスマートフォンを指定していればそちらにかかってきます。
ただ、専業主婦は会社に勤めていないことが当然ですから、専業主婦でも申し込みOKの大手金融機関のカードローンでは、専業主婦は書類での本人確認だけで、
在籍確認は行わないことが多いです。
ただ、在籍確認を基本的にしないとしても、金融機関側で気になることがあればもちろん電話で確認は行われます。
その場合はやはり指定した連絡先に電話がかかってきます。
在籍確認が必ず行われるわけではなく、金融機関が特に確認したいことがなければ電話連絡はないです。
ただ、絶対にないとは言い切れません。

専業主婦が気をつけることは?

家族に内緒でカードローンを利用したい人にとっては、金融機関からの連絡は在籍確認と同じくらい気になる点です。
なぜなら、在籍確認がなかったとしても、気になることがあれば連絡が来てしまうからです。
自分のスマフォを連絡先に指定したとしても、家族にばれてしまう可能性もあります。
在籍確認だけでなく、連絡が来ないように気をつけることが重要です。
連絡が来ないようにするには、一つに申し込み時の記載をミスしないことが大切です。
申し込みに不備があると、書類の返送や、問い合わせの電話が来る可能性が高くなります。
申込書を提出する時は慎重に記載し、ミスや不備などがないようにすれば安心です。
詳細は→専業主婦でも即日借りれるカードローンに詳しく紹介中です。